a-blog cms のフォーム

こんにちは、なりです。
今回はa-blog cmsのフォームです。
仕事でa-blog cmsのフォームにふれる機会が多かったので、したことを忘れないように、ここでまとめておきたいと思います。すぐに忘れちゃうので…

a-blog cms

a-blog cmsはCMSの一つです。CMSで一番有名なのはWordpressでしょうか??
私もa-blog cmsのことを今の会社に入社するまで知らなかったです。(そもそもCMS自体よく知らなかったのですが…)
a-blog cmsの魅力や使い方を書いていきたいのですが、今回のブログはa-blog cmsのフォームなので、詳しくは書きません!!!
いつかはまとめてみたいですね〜

a-blog cmsが気になる方はこちらを読んでみてください!
特徴 | a-blog cms とは | a-blog cms

a-blog cms のフォームの仕組み

フォームのファイル構成

ファイルの構成はこんな感じです。

フォームの流れ

  • 入力画面
  • (入力ミスあり)修正画面
  • (入力ミスなし)確認画面
  • 送信完了画面

だいたいのフォームがこんな感じですよね。
a-blog cmsのフォームも上記の4つの段階にわけられています。

main.html

フォームは4段階にわかれていますが、段階ごとにファイルがわけられているわけではありません。
main.htmlの中に4段階をまとめて記述します。そして、各段階の中身の部分を別ファイルにしてincludeします。

ちょっとだけ詳しく書いておきます。
main.htmlの中はこんな感じ
「」の中は説明です。

モジュールの中が各段階でわかれていて、該当の段階のBEGIN〜ENDの中にそのページで表示させたい内容を書いていきます。
しかし、全ての内容をmain.htmlの中に書くとコードが長くなって見にくくなります。さらに、入力画面と修正画面ってほとんど同じ内容なので、まとめたいです。
そのため、各段階の中身の部分を別ファイルにしてincludeします。

includeされるファイル

includeされるファイルの名前はだいたい決まっています。

input.html

名前の通りフォームの中身です。inputタグやtextareaなどの入力項目が入っています。
このファイルを作るのが一番苦手です。特に項目がたくさんあると混乱してきます(*´-`)
入力、修正画面の中身としてincludeされます。

confirm.html

確認画面の中身です。入力画面で入力された情報を表示させます。

thanks.html

送信完了したときの画面の内容が入っています。

フォームはちょっと複雑なのですが、ファイルの役割を頭に入れておけば、どこを見ればいいか迷うことがなくなるのではないでしょうか??
私もファイルの役割がわかってから、どこを見ればいいかの迷子になることがなくなりました(^ ^)

メール送信

フォームに入力すると管理者と入力してくれたお客様宛てに自動でメールが送信されます。
そのときのメールの文章が以下のファイルです。

  • subject.txt お客様用メールのタイトル
  • body.html,body.txt お客様用メールの本文
  • adminsubject.txt 管理者用メールのタイトル
  • adminBody.html,adminbody.txt 管理者用メールの本文

まとめてみての感想

フォームの仕組みをまとめてみましたが、なんかわかりにくい…
実際に作りながらその手順を書くといいのかなぁと思うので、今度は作ってみたいと思います!管理画面から設定しないといけないこともありますし!!
マイペースにブログを更新していきます!

参考サイト

おまけ

マインドマップ

フォームから話しがかわりますが、会社の人から今までしたことのまとめ方でよい方法を教えてもらったので書いておきます。メモ取るときもいいですよ!マインドマップという方法なんですが、書いてると頭の中が整理されて、けっこう楽しいです( ´∀`)

私はこの本を貸してもらって読みました。
ふだん使いのマインドマップ

a-blog cmsのマインドマップを書いたので載せておきたいと思います。

なんだこれ??!と興味をもった人は調べてみてください!
文房具好きなので、無駄にペンとかにこだわりたくなってきます…w

ではでは、これで終わります!
読んでいただき、ありがとうございました。